その4 生糸検査所2006年08月14日 02時53分29秒


のむけはえぐすり 第22弾 原善三郎
 その4 生糸検査所
  
 40才を目前にした善三郎は、荷主との関係に苦労する。
 慶応6年(1866)の大火によって、弁天通3丁目の店舗が焼失する。それを機に、荷主達が泊まれるような大きな家に立て直す。そうして良質な生糸を運んでくる荷主の便宜を図ろうとする。そうなると、人間、ここまでというところがない。あちらの店はこうだった、こちらの店はこうだったと始まる。港崎遊郭(みなさき)に遊びに行く金まで払わされ、挙げ句の果てには、名義を借りて勝手に生糸を売りとばす者まで出てくる始末だ。

 たまらず、「売込商申し合わせ規則」を作り、一切そういう接待は止めましょう、足元を見られないように手数料も1%に決めましょうということになった。それでも少しむごいかなと思うのは、明治16年(1883)の「横浜生糸売込問屋申合規則」のこと。生糸相場の下落による損失は荷主が負担すること、火災などによる損失弁償責任は負わないことなどが定められた。これで荷主達は、グウの音も出ない。

 明治6年(1873)に、生糸の粗製防止・品質維持を目的に「生糸製造取締規則」「生糸改会社規則」などが制定され、善三郎を含む横浜の35人の売込商によって、生糸改会社が設立される。善三郎は5人の社長のうちの一人で、例の三越得右衛門さんや茂木惣兵衛さんらと一緒に、お上から選ばれている。

 実は、これが上手い仕掛けになっている。まず、生糸は地方の生糸改会社で品質検査を受け、大蔵省発行の印紙を貼ることが義務づけられる。その上、輸出生糸に関しては、横浜生糸改会社で再検査することになる。これで、横浜の生糸売込商が、生糸の流通ルートの頂点に立てるというわけだ。やがてその民間の生糸改会社は生糸検査所と改称するが、あまりの不評に明治12年には解散してしまう。17年後の明治29年(1896)、国立の生糸検査所として再び登場する。

創立当時、国立の生糸検査所は本町1丁目にあった。写真は、建物が関東大震災で壊れた後、大正15年(1926)に現在地に立て替えられた旧生糸検査所である。今は、横浜第2合同庁舎になっている。桜木町駅から弁天橋を渡って、海岸側に帝産倉庫と書かれた煉瓦造りの建物が並ぶ。その北仲通5丁目の角にある古ぼけた煉瓦の建物である。
 
参考文献
1)山田長夫:横浜経済文化事典、有隣堂、1958
2)横浜開港資料館:横浜商人とその時代、有隣堂、1984

ナイスチョット その52006年08月14日 03時42分30秒


ナイスチョット 第5弾は「幸せの絶頂」にいます前チャンピオンです。

こうやってみると結構スイングが大きいですね。

飛ぶのかな?

ナイスチョット 第6弾2006年08月14日 03時45分24秒


ナイスチョットにこの女(ひと)を外す訳にはいかないでしょう。

Ms. アグレッシブです。

チャプチ2006年08月14日 03時50分28秒


このチャプチが旨いんですよ。

何故かヒャンフィ様からは僕はチャプチは嫌いだということにされてますが「大好き」です。結構飲んで食べた後に出てくるので(僕の場合は)量が食べられないんですが、日本食で言えば最後に出てくる焼きそばの感じです。

PS;これから那須小川にゴルフに行ってまいります。

秋の運動会2006年08月14日 18時16分40秒


秋の運動会には少し早いですがおじさん達が大好きな「ブルマー特集」です。(ブルマーは中高生だからいいので今回は少し「熟ししぎて」ますが)というのは冗談ですが----でもそんな感じでしょ?

ところで先週金曜日は以前F-cupで行ったこともある「足柄森林カントリー」に行って参りました。前回とは変わってカートにGPSナビがついておりましてなかなか楽しいゴルフでした。スコットランドに駐在していた彼は相変わらずのゴルフでした。彼曰く「スコットランド駐在時代は主にターンベリーに行ってたけど正直少しも楽しく無かったですね」。リンクスの魅力がわかるようになるには時間と腕が必要なんでしょうか。

で、今日は那須小川に行って参りました。昔は「那須小川レディース」という大会を主催していたそうですが(いつ頃まででしょうか。)フロントには「と(さんずいに余)阿玉」なんかの若い頃の写真が飾ってあります。今回は久しぶりにトーナメントコースでプレイ。
前半は今一だったのですが最終ホール--ティーショットはクロスバンカーへ。バンカーからアイアンでトップ気味の玉を打ったらピン上80cmにナイスオン。これをねじ込めばバーディーで初のハーフ30台---なんとこれを左カップの横を素通りさせてしまいパーで自己最高のハーフ40。手応えを感じたラウンドでした。