のむけはえぐすり;広隆寺のびっくり 1)南大門の仁王像2009年06月20日 16時03分41秒

のむけはえぐすり;広隆寺のびっくり 1)南大門の仁王像

広隆寺のびっくり 
1)南大門の仁王像


南大門の西側の仁王像。製作は室町時代と言われている。

俗に息のぴったり合って行動している状態を「阿吽の呼吸」という。

山門にある一対の仁王様や狛犬の口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)という。

この仁王様の口は閉じられているので、吽形の仁王様ということになる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://frypan.asablo.jp/blog/2009/06/20/4378111/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。