第195弾 のむけはえぐすり 古代の帰化人 敦賀 気比の松原 渤海2013年04月04日 01時17分55秒






第195弾 のむけはえぐすり
古代の帰化人 敦賀 気比の松原 渤海

 延喜式の雑式に「およそ越前松原客館は気比神宮司をして検校せしむ」とある。

8世紀初めから10世紀にかけて朝鮮半島北部とロシアの沿海州にかけて渤海という国があった。その渤海からの使節が来た時の迎賓施設として松原客館があり、その管理運営を気比神宮の宮司に任せていたというのだ

渤海国を韓国語ではパレという。668年、唐と新羅の連合軍が高句麗を滅ぼし、唐は高句麗の王族や貴族を今の遼寧省朝陽に移住させた。

7世紀末になると、唐の支配に対して反乱が起き、698年に乞乞仲象(こつこつちゅうしょう)が唐からの討伐軍を打ち破り、今の吉林省敦化市辺りに振国(震国とも)を建国した。新唐書によると、乞乞仲象の長男が振国の初代の王となった時に、高句麗王族の姓の一つである大氏を継いで、大祚栄(だいそえい)と名乗ったという。705年、唐は討伐をあきらめ、振国の建国を認め、形の上では朝貢国として「左驍衛員外大将軍渤海郡王」の称号を与えた。

718年、大武芸が2代目の王となると、振国は黒水靺鞨(こくすいまつかつ)族以外の全靺鞨族を支配し、旧高句麗の領土の北半分を支配するまでに版図を拡大した。渤海の発展を恐れた唐は、新羅と黒水靺鞨族と計り、遠征しようとした。これに対して、渤海は54回も遣唐使を派遣し、唐には藩屏国として服従する姿勢をとった。一方、新羅を牽制するために、新羅と敵対していた日本との軍事的な提携を求めて、728年に第1回の渤海使を日本に派遣した。

それから919年までの200年間に、渤海使は34回日本に来航し、日本からは遣渤海使が15回派遣された。

この間、第3代大欽茂による56年間の治世下で渤海の国力は充実し、762年に唐から正式に渤海国王の称号が与えられた。871年の第13代大玄錫まで、渤海は積極的に留学生を唐に送り、唐の制度を学ばせ、五京十二府六十二州の行政制度を確立し、唐をして「海東の盛国」といわしめるほどに繁栄した。

五京とは、古くからの国の中心である中京顕徳府(吉林省和竜)、新しい国の中心である上京龍泉府(黒竜江省寧安)、日本道の始点となる東京龍原府(吉林省琿春)、唐への朝貢道の始点となる西京鴨緑府(吉林省臨江)、新羅道への始点となる南京南海府(北朝鮮威鏡南道)をいい、中京、上京、東京との間で遷都を繰り返した。

写真の地図は、韓国国立中央博物館に展示されていた「渤海の領土とルート」である。今の沿海州の辺りのオレンジ色の範囲が、最大となった時の渤海の領土である。そこから、放射状に広がる矢印が新羅道、日本道、唐道であり、その起点になっているのが五京である。日本道の終点は、敦賀を指している。

10世紀に入ると、907年にまず唐が滅び、分裂していた新羅は935年に滅亡する。この間、渤海は支配階級の権力闘争と形骸化した制度によって弱体化し、契丹の耶律阿保機に攻められ、926年に滅んだ。

718年に派遣された初回の渤海使は、寧遠将軍高仁義を将とする24人の使節団であった。日本海を海流で流され、蝦夷地に漂着した。現地で16人が蝦夷人に殺され、残り8人が命からがら出羽国にたどり着いた。渤海使の到着は平城京に知らされ、来意を問う存問使が派遣され、平城京に案内された。

武芸王の国書には、「高麗の旧居に復し、扶余の道程を有(たも)てり」とあった。自らが高句麗の後裔であるとし、対等な外交文書であった。渤海から貢献された貂(てん)の毛皮300張りは貴族たちに重宝され、権力の象徴となった。2年後の帰国の際には、日本が建造した船に大量の絹や綿(きぬわた)を積んで、62人の送使団とともに北陸の港から旅立っていった。

初期の渤海使は文化的な交流や親善が目的で、漢詩の競い合いの会が催され、菅原道真が日本側のエースとなって活躍したこともあった。ところが渤海使は、毛皮と繊維の交易が目的化してきた。それも「船は日本側で仕立ててくれ、毛皮でいいなら毎年でも使節を派遣したい」と、かなり図々しくなった。日本側としても、使節が来れば、なにかと物入りである。

それでも文人趣味の嵯峨天皇の頃ならまだ歓迎されていたが、やがて渤海使は疫病を持って来るとか、国書の記述が気に入らないとか、難癖がつけられては入京を拒否されるようになった。最終的には、12年に1回の朝貢にしてくれと、「一紀一貢」が一方的に決められ、来航しても追い返されることもあった。

渤海使は、冬の季節風の強い12月か1月に沿海州を出発して、1月か2月に着いた。初期の頃は東京龍原府の近辺のポシエト湾から船出していたが、ポシエト湾は冬には凍結してしまう港であった。後になって南京南海府の近くから船出したが、風と海流によっては日本のどこに着くか分からなかった。たどり着いた渤海使を入京する前に接待したのが、敦賀津の松原客館だった。

逆に、帰国する渤海使や日本の送使は、6月から8月に日本を船出していた。多くは日本が船を能登の福浦で建造し、福浦津から渤海に出発した。渡航の準備が整うまでの間、敦賀津の松原客館で待っていた。

松原客館が今の敦賀市のどこにあったかということは、今でも分からないらしい。気比宮社記の相伝には「(松原神明神社が)上古、高麗・渤海国人を饗応せしむるの客舎の旧地也」とあるから、気比の松原に隣接する松原神明神社から永健寺にかけての辺りだと推定する人もいる。また、気比神宮の宮司が管理運営するのだから、気比神社の近くだったはずだという人もいる(福井県史)。

写真は、3月中旬の気比の松原から見た敦賀湾の景色である。左に、西方ケ岳が見える。渤海使はこの山を目指し、ひたすら風濤に身を任せて海を渡ってきたのだろう。3月中旬ともなると西方ケ岳の頂きにも雪はなく、この日の海は穏やかな姿を見せてはいたが、松の枝を揺らす西からの風はなおも冷たかった。

参考文献
1)上田雄:渤海国、講談社学術文庫、講談社、東京、2004
2)上田雄、孫栄健:日本渤海交渉史、彩流社、東京、1994
3)福井県史 通史編全6巻、渤海使の来航と縁海諸国の対応、http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/kenshi/T1/4-01-05-01-01.htm