JIMTOF;マザックのF12008年11月02日 21時33分57秒

JIMTOF;マザックのF1

ヤマザキマザックのブースに飾っていたF1

この展示会場では飛行機のタービンの部品みたいな大きなものから極小までの加工デモが行われており・・・すごい!の一言

森精機なんかはFMで「マザーマシンの会社です」というCMを流しているのですが・・・なるほど・・・という感じです。金型ってこうやって作られてるんですね。

日本のものづくりの原点ですね

言ってみれば「運慶」とか「左甚五郎」が機械になったようなものか(^_^)

コメント

_ まりあぱぱ ― 2008年11月02日 22時16分42秒

うーん、たまらん! 車好き、というかメカ好きには見逃せない展示ですね・・・

もしかして、投稿子は車メーカーとか車部品メーカーに御勤務ですか?  他の記事の投稿で、かつてはビクターにお勤めかとは勝手に類推していたのですが・・・

_ tim ― 2008年11月03日 20時29分35秒

かっての勤め先は残念ながら・・・

当たってます(^_^;;

今は工作機械メーカーですが本来車とかメカとか大好きなのでこういう写真が・・・それと5軸工作機械なんてとんでもないものよりはこっちの方が見た目もいいし

ちなみにグループ企業はボルボ、ジャガー、アルファロメオ・フィアット、クライスラー・ジープ、ランドローバー、シトーエン、ハーレーダビッッドソンとかの南関東総代理店もやってますので偉い人はみんなジャガーとかボルボとかに乗ってます(^_^)

_ 編集長 ― 2008年11月03日 20時39分31秒

このデザインは如何でしょうか?

実は「本文しか文字が大きくならない」「赤地に黒の文字」と老眼おじさんにはきつそうな気もするので・・・誰かからクレームがあったらすぐ他のデザインにします(^_^)

_ まりあぱぱ ― 2008年11月03日 21時53分17秒

おおっ! 一気に秋らしい壁紙に変りましたね。  
ヲヂさんの老眼にも優しい色目です。。。

フォントのサイズは、持ち運びのVAIOではややしんどいのですが(なんせ11.1インチ)、デスク上でのディスプレイは22インチなので全く問題無し、です。

僕は中学~大学にフュージョン系のアルバムをJVCからよく聴かせて貰っていました。 リー・リトナー&ジェントルソウツのダイレクト・カッティング盤とか、緊張感溢れる傑作を連発していましたよね。 あの頃の1枚3000円台のレコード代はお小遣いの乏しい学生には高かったなぁ・・・  と言う個人的な趣味と思い入れがあったので、ピン!ときたのです。 ただそれだけなのですが・・・

同好の士を除いてあまり受けないかも知れませんが、『JAZZ』と『MECHANICHAL』のジャンルを作りましょうか?

_ tim ― 2008年11月04日 21時08分15秒

済みません、たった1日で変わりました。

やっぱこっちの方が見やすいですよね

新しいカテゴリーの追加については「承認」されました。

早速原稿送って下さい

_ tim ― 2008年11月08日 21時55分46秒

そうそう ダイレクトカッティングといえば”シェフィールドラボ”じゃないですか(御存知だったら凄い業界通というか音楽好きです)。

初めてアメリカに出張したときにCES(コンシューマー エレクトロニクス ショー・・・世界最大の家電ショー)の会場でシェフィールドラボのダイレクトカッティング盤が売っていたので凄い数買い込んだんですよ。

おかげで持っていった「トラベラーズチェック(旅行小切手)」を殆ど使ってしまいました。(今はクレジットカードを持っていけば済みますが当時はトラベラーズチェックでしたよ)

ダイレクトカッティングのレコードって「生もの」なので聴いてるうちに音が丸くなってくるんで最初にカートリッジを落とすときは「直立不動」で「敬礼」でした(^_^)

この時のもう一つの僕にとっての目玉はNYのB2(ブルックス・ブラザーズ)本店でした。NYの自由時間の午後はここだけで終わってしまった^^;)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://frypan.asablo.jp/blog/2008/11/02/3870648/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。